納得の行く葬儀屋選びの方法と葬儀費用

多くの人の場合、葬儀を取り仕切る機会は余り無いと考えますが、将来ご自身の身内の方が亡くなられた場合、葬儀を取り仕切る機会が訪れる場合も有ります。

葬儀の進め方や葬儀社選び方、更に葬儀に掛かる費用等について事前に理解しておく事で、いざという時に戸惑う事無く葬儀を行う事が出来ます。

先ず葬儀の進め方ですが、基本的な葬儀の流れは次の様になります。亡くなられた故人の「お迎え」と「安置」、更に「納棺」です。

一般的にはこれらの流れはご自宅で行われるケースが多く見られ、故人はご自宅に帰り、ご家族ご親族と最後の夜を一緒に過ごす事になります。

次に「通夜」と「告別式」です。近年の通夜と告別式は葬儀場等で行われる場合が多くなっており、葬儀場等を運営する葬儀会社等からの様々なサポートを受けながら通夜と葬儀を行う事が出来ます。

又、通夜と告別式にはご家族やご親族以外に、生前に故人とゆかりを持つ方々の参列を頂く事になります。又、最近では家族葬と言われるご家族や親族のみで行われる葬儀も多く摂り行われる様になって来ております。そして最後に「火葬」です。

地元地域等で管理されている火葬場で摂り行われます。この葬儀を無事に摂り行う為にサポートして貰うのが「葬儀屋」です。

現在の葬儀は基本的に葬儀屋のサポートを受ける事で成り立っているとも言える為、葬儀屋選びが重要な鍵となります。

又、この葬儀屋によっては葬儀全体に掛かる費用面でも差が出てきますので、慎重に葬儀屋を選ぶ事が大切です。葬儀屋を選ぶ際のポイントとしては次の点に注意しましょう。

先ずは葬儀屋の担当者の対応です。葬儀を初めて取り仕切る施主に対して丁寧な説明がされるか、料金についての説明が判り易いか等をチェックしておきましょう。

きちんとした葬儀屋は初めての施主に対して判り易い説明を行ってくれます。次に費用面での見積書がきちんと提示されるかチェックしておきましょう。

特に葬儀には高額な費用が掛かる為、きちんとした見積書を貰い、その見積書の範囲内で葬儀を行ってくれる事が重要です。葬儀屋によっては追加オプション等の費用を追加で請求してくる場合も有りますので、入手した見積書できちんと契約してくれる葬儀屋を選択する事が大切です。

次に葬儀に掛かる費用の相場について理解しておきましょう。現在の葬儀費用の相場は全国平均でおおよそ200万円と言われております。

この葬儀費用200万円の内訳としては、故人のご遺体の搬送から、通夜や告別式、更に火葬に至るまでの葬儀全般に掛かる費用で葬儀一式費用でおおよそ120万円、通夜や告別式後のお清めと呼ばれる飲食費で30万円、更に通夜から告別式、火葬迄の読経等を行うお寺等に支払う寺院費用が50万円程となっております。

これらの葬儀費用をおおよそでも把握しておく事で、葬儀屋から提示される見積書の妥当性を判断する事も出来ます。